古着屋とリサイクルショップ

同じように感じているリサイクルショップと古着屋ですが、厳密には違いがあるのをご存知ですか?大きく考えてしまうと、古着屋もリサイクルショップという枠に入ると私は思いけど!

一つは取り扱っている商品の違いです。

リサイクルショップでは、服飾以外にも、ゲームソフトや電気製品のほか、店舗によってはありとあらゆる中古製品を買い取り、販売をしています。お客様が品物をお店に持ち込み、品物を買い取って、商品を売っていきます。

古着屋は、古着以外のものではアクセサリーなど服飾に関連する一部商品を販売する程度で、それ以外の商品はほとんど扱っていません。

商品を買う人(バイヤー)が海外等から品物を買い付けて、その商品を売っています。自分の目で見て、商品を選んでからお店に商品を置いているということになりますね。

そして、最近はリサイクルショップが増えていますよね。町中でもよく見かけます。

全国展開していて、有名なリサイクルショップもあれば、個人で営業しているリサイクルショップもあります。

お互いの良い部分を見ていくと、古着屋は、1店ものが買えるという良い所があります。

古着屋巡りも今ではブームみたいな所ありますよね!若い子たちが多く行っている気がします。

リサイクルショップは、今流行っている物が安く買えたり、新品の物が買えたりという良い所があります。リサイクルショップでも、新品の物以外でも、年代物の品物が置いてあったりするので、古着が欲しい場合、両方見てみると、色々なものが見られるので、良いかもしれませんね!

買い取り価格にも、多少の違いが見られることがあります。

古着屋での買い取りは、服飾のブランドや品番に関して厳密な査定が行われます。古くても、値打ちのある服は高額で買い取られる傾向にあると思います。

幅広い商品ジャンルを取り扱うリサイクルショップでは、値打ちより状態が重視されることが多く、古着屋に比べ買い取り価格が低くなる傾向があります。

晴れ屋では、ブランド品や腕時計なども高価買い取りも行っているので、気軽にご相談ください!

0コメント

  • 1000 / 1000