哀愁マダムの買い取り

こんにちは!本日も仕事で買い取りに行って参りました!

今日はとある住宅街に住む上品なマダムからお買取させて頂きました。

マダムはブランドの時計や指輪、鞄、コートの他に、なんとたくさんのお酒を持っていらっしゃいました。ご主人がお酒の大好きな方らしく、お仕事関係の方からの頂き物も多かったそうな…しかし昨年末にご主人が他界されたそうで、「ひとりでこんなに飲めないからねぇ…あってもしょうがないものねぇ。うふふ。」と…

こういった仕事をしているとよく遺品のお買取などに出会うことも多いのですが、ひとつひとつ思い入れのあるものを我々は取り扱ってるのだなぁと、改めて思い知らされます。

査定をしている間もご主人のお話をしたり、段ボールから出したブランドの恐らく未使用であろう鞄やコートなどを見て「あぁそういえばこんなのあったわねぇ…誰からもらったのだったかしら、買ったんだったかしら…」と懐かしそうに語っておられました。

ご主人は人望の厚い方だったそうで、お歳暮やお中元でもお酒を貰うことが多く、親戚を集めてよく飲んでいたそうです。しかしもらうお酒が多く結構箱のまま残っている日本酒やワインがたくさんありました。中には買うと10万円以上するワインなんかも…!

マダムがあまりにたくさんの思い出話をしてらっしゃったので、本当に良いのですか?と思わず聞いてしまいました…。しかしマダムは笑顔で「いいのいいの、もうねぇ使わないしねぇ、あっても悪くしちゃいそうだから…。それに古くなった物はねぇ、出しちゃった方が良いのよ、また新しいものが入ってくるでしょう?」と。なんだかお買取に行って人生について学んで帰ってきてしまいました…。

マダムから買い取った思いでの品々、量も質も良く、買取金額は結構な額でした。

マダムもこんなにするとは思わなかったようで、「まぁ!これでお世話になった人たちみんなに御馳走しようかしら!わざわざ買い取って下さってありがとうね。」と喜んで下さいました。こちらとしても良質のものをたくさん買い取れるのはとてもありがたいことで、色々なお話も聞き、有意義なひとときを過ごすことができました。

思い出の品々を買い取り、色々なお話を聞いて喜んでもらって帰ってくる、僕はこの仕事がまた好きになりました。

みなさんの押入れにももう使わない古くなったものございませんか?捨てる前に無料査定をぜひ晴れ屋でしてみて下さいね!

晴れ屋のスタッフ・目指せ接客マスター

0コメント

  • 1000 / 1000